インテリアでわかるその人の生き方

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

インテリアでわかるその人の生き方

インテリアと部屋の色について

最近ではインテリア雑誌なども増え、多くの人々が興味を持っています。雑誌やインターネットのコラムでも海外家具なども特集されることもあり、特に北欧のインテリアは日本で多大な人気を誇っています。人々のニーズは、そのときの流行も大いに関わってくるものですが、おしゃれで素敵な部屋にするにはお気に入りの家具を集めるだけではなく、色の統一性がカギとなってきます。

北欧家具を扱うある店では、その部屋の色やテーマに沿ったインテリアの例が展示され、家具が並んでいることがあります。例えば木目調のブラウン系に揃えたい部屋の場合は、緑色のカーテンと植物柄のレースカーテン、そしてベッドカバーや枕カバー、カーペットの色も重要になってきます。ブラウン系の家具に緑色は合わせやすい色だと言われています。大切なのは、テーマカラーを基調に挿し色を入れると、ぐっと洗練された印象になります。

また、例えば可愛らしい花柄のピンク色基調の部屋を作りたいとき、カーテンもベッドカバーもすべてフリフリのレースで揃えてしまうと、大変なくどい部屋になってしまいます。ピンク色を挿し色にして、ベースはホワイト系やベージュ系t¥で統一させても良いですし、またピンク色をベース使いたいのであれば薄目に抑え、濃い色のクッションカバーをかけたり、ブラウンカラーなどを合わせるのも良いでしょう。

おすすめ!